ジャズ、声と楽器の表現力

ジャズは嫌いではありませんが

どちらかというと歌ものよりも演奏主体のほうが好きですね。

なぜでしょう?

たぶん、自分でもギターを弾くからかな?って思います。

それに、なんて歌ってるかわかんないし(笑)

英語・・・

相変わらず苦手のまま。

そのうちって思って、はや、

はや?

さぁ?(笑)

なかなか時間が取れないなんていい訳ですね。

これじゃ、いつまで経っても話せない、聞けないまま。

もちろん、書けもしません。

きれいな発音で歌うジャズを意味を理解しながら聴ければ

印象は変わるだろうね。

 

さて、楽器でいえばギターは弾くけどピアノのジャズが聴きやすい。

ただし、メロディアスなものがいいね。

即興的な、インプロヴィゼイションなんて

舌を噛むようなことを言われたらパスしてしまうかも(笑)

 

ピアノは小さなオーケストラといわれるように

伴奏とメロディがしっかりしているね。

幅が広いというか厚いというか。

ギターはそもそも伴奏楽器。

そこから繰り広げるメロディとベースの絡みも

それはそれで引き込まれることも多いんですが。

どっちやねん(笑)

 

そういう意味では「声」というのは

表現力ではいちばん。

美しい日本語もよいね。

英語もフランス語も、その他も。

でも、まずは英語を何とかしたい。

そう、美しい英語の発音を手に入れよう。成功英語でね。

原稿用紙3枚だっていうし(笑)

為替の損益計算の重要性

はじめに計算しておかなればならないのは、為替変動がどの程度で為替差損が出るかということです。

大事になってくるのは、外貨建ての金融商品を使うときです。

取引で損失をしないようにするには、為替レートによる損益分岐点を計算しておくのがポイントです。

どの程度の手数料が1回の取引において必要なのかは、選んだ外国為替証拠金取引の業者によって異なります。

取引を手数料が高めの業者でしていたら、大きな差益にしなければ手数料分まで儲けを出すことできないので要注意です。

ほとんど意識することが無い人も多いですが、手数料はお金の出し入れにもかかりますので、同時に計算しておかなかればなりません。

損益の計算をするときには、結局為替差損益とスワップ損益を出すことが不可欠になります。

どの程度の損益が出たのかは、最終的にいくら払っていくら得ることができたのかを計算すれば理解できます。

スワップ損益をもらえるのか払うのかは、自分の持っている外貨によって異なってくるものです。

日数分をもれなく計算することが、毎日別で決まるものなので数日分まとめて計算する場合には大切です。

しっかりとこの損益の計算をしておかなければ、中でもFXでは得をするこができないといえるのではないでしょうか。

さまざまな為替以外の負担分を計算し考えに入れたうえで取引をすれば、自己資金を増やすのに効果があるといえるでしょう。

はじめに計算しておかなればならない。

そう、同じようにお金を借りる時も一緒。

そのあとのイメージが大切です。

返済はかならず付いて回りますからね。

女性向けも同じですよ。

何年落ちまで買取ってもらえるの?

ぼくの車も今だったら上手に売れたなぁ。
そう思うんですよね、最近(笑)

フィットですが9年落ちの中古車でも買い取りしてくれるらしい。
お金もそうだけど、クルマもそのほうが喜んでくれたと思うんだよね。。。

当時、エグザンティアが憧れの車であったのですが、さすがに年式も新しく中古車でも高価でした。そのせいもあって、あまり悩むこともなくZXを選びました。知り合いの中古車販売店に探していただきました。1.9L シュペールの左ハンドル。色はノアール(俗に言うガンメタ?)に細い赤のライン。そのせいかサスペンションも固めだったように思います。
しかし、今では、インターネットに情報があふれています。中古車の人気を調べられるサイトがあったり、価格相場が紹介されている場合もあります。そして、最も便利なのが、中古車査定一括見積りサイトを利用することです。多数の比較サイトがありますので、ぜひ、利用していただきたいと思います。
新車から乗っていてリースの終了時に個人的に買取らせていただきました。そしてサンバーのほうはバンドのドラマーに譲りました。

ただ、自動車の買取価格がローンの残債以上であれば、買取金額を残債に充てることができます。たとえば、ローンの残債が50万円あり、買取価格が100万円だった場合には、買取業者が50万円をローン会社に支払って、残りの50万円分の支払いを受けることができます。
リセールバリューという言葉を聞いたことがあるでしょうか? これは、自動車を利用後に、販売する場合の自動車の価値のことです。目安としては年間1万キロで3年間利用した場合には、購入金額の40%?60%になると思えばよろしいでしょう。
率のみでなく、額も意識すべきですね。また一般のセダンやスポーツカー、ハッチバックなどの車両も不人気ですので、買取価格を高くすることは難しいと思われます。

しかし、車を売却する際には、純正品を装着していた方が条件が良いので、純正品はずっと保管して置くようにしましょう。
東南アジアや中東などでは、日本車というだけで信頼性が高く、売れ行きは好調なのです。また、多くの顧客を抱えている業者の場合は、既にご自身の自動車を購入されたいという需要があれば高く売れるのです。
基本的には、落札価格などの情報を全て開示してくれますし、手数料は5万相当のみ、その他は成功報酬(成約料)などです。通信料や情報提供料がかかることは通常ありません。

そのために、査定協会が開催する学科と実技の研修を受けて、査定士技能検定試験に合格した査定士が活躍しています。査定士は、査定協会に登録することが必要ですので、権威ある職業といえるでしょう。
査定士の基準は必ずしも、買取価格にそのまま反映されるわけではなく、査定基準を満たしていなくても、需要があれば、購入される方もいるので、買取は可能になります。
方法には、ディーラーや中古車専門店、買取専門店などがあることや、より高く売るためには無料一括買取査定サービスの利用をすべきと申し上げてきました。
この取引での唯一のメリットは「カンタン・お手軽」ということです。しかし、失う金額はかなりのものになる場合もありますから最終手段と考えましょう。

さて、何年落ちまで買取ができるかはクルマ次第。

それだと身もふたもないですよね。13年落ちぐらいまでは買取は普通に行われています。ただ、それ以降になると厳しくなるようですよ。買い代えを考えているのなら急いだ方がいいですね。